仮想通貨で遊ぶ日記

リスクは低く! 志も低く。そんな仮想通貨の遊び方

酔っ払っての取引も悪くない?

 難しく考えちゃって失敗した、なんてことはよくあることです。
 ぶっちゃけ仮想通貨取引なんて丁半博打なところが大きいので、直感が正しいような場面というのは往々にしてあるところ。

 実はマージントレードが面白くてHitBTCから持っているビットコインを全額Poloniexに移して遊んでいたのです。酒をがぶがぶ飲みながら。
 前の記事でも調子に乗ったことを書きましたが、これはイケるなんて思いまして。
 
 でも、その結果は大損。一時的にスイングトレードまがいのことをして、大部分を取り戻してもすぐ大損、といった具合で。
 元がどうせ500円くらいだから安心、なんて思っていても大損をすればキツく、二日程ショックでログインできませんでしたよ。

 でもつい先程ログインしたところ、

 なんか元の額より増えてた。

 やぶれかぶれで突っ込んだっぽいロングポジションが火を吹いたような形で。
 というのは推測で、これ以上ない大損が確定したときには泥酔状態だったので、正直、こんなの入れてたっけ? と全く覚えていないのですが。

 もうやってらんねえええええええ、と落ち込んだことだけは覚えているんですけどね。

 もしかして、何も考えないで取引した方がいいのかもしれん。とやはり凹みました。

 

 ちなみに、このブログは酔っ払っているときにしか書いていません。

 読み返していないけど、意味が分からないなんてことが往々にしてあるかもしれません。

 

 だから、私は読み返しません。

 

 書き直すのが面倒だし。

テクニカル分析を覚えはじめました

 Poloniexで試しにマージントレードをしてみたんですよ。
 値下がりからも利益がでるとかおもしろそうじゃないですか。
 しかし、「今の値段から上がるか下がるか」といったトレードは基本打率一割もいけばいい方だったので、

 初日からまさかのロスカット

 眠いから放っておいたら何かいいかもあるかとしれない、と寝て起きたらロスカット

 マージントレードだと、注文を入れておくだけでもその分の通貨は借りているため利子がかかるんですよね。
 それを嫌って、苦手取引方法をしてみればこの結果。
 何しろこれまで、反発狙いで急落しそうな通貨ペアと価格を勘で拾っていただけだったので。いきなり普通に取引をしようと思っても無理というもの。
 ポジションをとってからオーダーブックとにらめっこ、というのも実にキツかったですね。

 やられっぱなしなのも悔しいし、少しくらい取り返したいと考えて思い出したのがチャートから値動きを予想する手法があったことだったのです。
 これまで勉強も面倒だし勘でなんとかやってこれたので、すっかり忘れていましたよ。
 
 ある程度先の予想を立てることができれば、少なくともオーダーブックを眺めて一喜一憂なんて精神的にキツいことをする必要がなくのではないではないか、とちょっと期待しながら調べてみています。

 で、Poloniexで対応しているMACDを指標にしてチャートを眺めているところなのですが、とりあえず一回入れてみた取引は見事に成功。
 MACDはどちらかというと中長期のトレンド把握に向いているもののようで、短期の値動きを総浚いにしたいとか欲を出さなければ強力な武器になりそうです。

 むしろ今までチャートに表示されていた曲線を飾りにしか思っていなかったのは何だったのか、と少しへこんだりして。

そうだ、Poloniex(等)に行こう

 普段の取引はHitBTCで満足しているんですよ。アルトコインの値動きが激しくて、損をすることも多いのですが現物で大きな利益が出るのですから否定する理由なんて見つかるはずもありません。

 ただ、APIの方が微妙な気がしてきたのです。データの欠損とサーバのダウンが主な理由で。
 他にもデータの遅延というのもありますが、これはFXじゃあるまいし、スイングトレードをしたいわけではないからあまり問題にはなりませんでした。
 更にはドキュメントの説明不足というものもありますが、これはなんとか乗り越えました。

 

 でも、データの欠損で心が折れました。
 単純にぶっ壊れたデータでも送られてくるのであれば特に気にしなかったのです。
 でも、正常にパースができるのにあるべき情報が、ときに微妙に、または大胆に足りないなんてことを繰り返されるとAPIから送られてくる情報の信憑性がかなり怪しくなってしまうんですよね。
 さらには取引量が増大すればブラウザでアクセスする大本は耐えられても、APIサーバは簡単にダウンするということが度々。しかもしばらく復旧しない機能なんかもあったりしたのです。

 

 それなら元々自分でやる取引と自動取引が同時にできない問題もあることですし、別の取引所を開拓してみよう。と思ったわけで。
 手始めに、bitcoindの事を調べようとしていたら偶然でてきた、youtubeAPIを利用して色々やる動画で扱っていたPoloniexに登録してみました。
 まだAPIの仕様やらはさっぱり調べていませんが、実は前に登録していたSimpleFXのような鬱陶しいデザインじゃないのが好印象ですね。
 そういや、BitFlyer Lightningもその辺が鬱陶しいのでビットコイン自体の売買をさっさと捨てたような覚えもあります。

 

 ずっとHitBTCに付いていく、なんて言ってからすぐではありますが、もしも条件的に良い場所があれば移動なり併用なり、API限定とか判断していこうかと。

自動売買システムの進捗と挫折

 そういや、自動売買システムの進捗について書くのを忘れてた。
 進んでいるようで進んでいないような状況、という表現のし辛い感じです。
 とにかく、簡単に収益の上がるようなシステムが作れるはずがないんですよね。そんな方法論があれば、とっくに誰かがやっていることでしょう。
 結局は、その辺りを模索してあれこれ組んでみているような感じです。
 
 で、実は結構前から注目していて情報を集めていたのが、少し前から話題のディープラーニング
 データとそこから導き出される答えを与えると、そこから答えの導き出し方を学習していくという、前にやっていた機械学習のようでですが、プログラムを組む側がやることの多くを肩代わりしてくれるので効率的。という何それ万能なの? と思っちゃったりもするものなのですよ。

 でも、気づいちゃったんだ。人の脳を模した計算モデルに頼るくらいなら、実在の人間の判断に任せた方がいいんじゃないかと。
 
 つまりは、

 投資信託こそが最強の自動売買システムだったんだよっ!

 散々悩んだ挙句にひでぇオチだよなぁ。

 それでも、腐ってるけど技術者。続けて小遣いの成る木を探していく所存です。

荒ぶる仮想通貨

 元々動きが激しいことは分かっていたのですが、最近のアレはすごかったですね。
 おかげで一気に5万近く溶かしちゃいましたよ。

 結局何もしないのが正解とか、分かるかっ!!

 急落するちょっと前にICOでガツっと稼いだ7万がなかったら、しばらく立ち直れなかったでしょう。それでも手痛いことには変わりはありませんが。丁度前回書いたエントリでの懸念がそのままやってきた感じです。

 まったく、とんだフラグ建築士ですな。あまりネガティブなことは書かないようにしないと。
 
 しかし、欲を出してFXに手を出していなかったのは我ながらグッドだった。google翻訳と格闘しながらやっと使い方を覚えたHitBTCから離れるのが面倒だった、というのが真相だけど。よくやった、俺。APIサーバがよく落ちてイラっとするけど、ずっとHitBTC先生についていこうと思います。
 何にせよ現物ならどれだけ失敗しようがゼロにはならない、という強みを思い知ったここ最近でした。とにかく損をしない、損を大きくしないのが大事ということで。

 

 しかしまぁ、中共もひどいことをするものですよね。自分の財産は海外に逃がしても、人民には許さない。まぁ共産主義国家にとっては国内の全ての財は党(幹部)のためにあるものなので、あまり不思議な行動ではないんですけどね。

 みんな(党幹部は除く)平等に貧乏なら文句はないだろう? 余った分は俺達が使ってやるってのが本質ですからね。

 マルクスもちょっと思いついた経済モデルの落書きが凶悪な政治と集金のシステムとして後の世に蔓延るとは思いもしなかったろうなぁ。